Top > ジャンル別 > その他 > ダイナの力の大会 > 2話 > part19

part18の続きです! Edit

ドラ「俺は負けない!!一生懸命ここまで、特訓して、この仲間達と大会にやってきた!!この戦い、お前だけには負けられない!!」(一応眠っている)

善逸「禰豆子ちゃんに、指一本触れてみろ…この俺が容赦しない!!」


……つむじ風が二人を通る…








ゼロ「いつまでも好きにやらせるかよ!!」


ゼロ「幻夢・零!!」

ドラ「うわっ!!」(避ける!!)

善逸(避ける!!)

ドラ「うわっ!今の危なかったじゃないか!!」

ドラ「こうなったら…」

ドラ「二人まとめていくぞ!!」

ドラ「いくぞー!!」


ハミィ「ニャー!急に力がわいてきたニャー!!ムーン…」

善逸「雷の呼吸…壱の型…」

ゼロ「イクゾッ!!」

ハミィ「スパイラルゥ、ハート、」

ドラ「とりゃあー!!」
ゼロ「幻夢・z…」
善逸「霹靂一s…」


ハミィ「アタック!!」(ハートを3つなげつける!!)

ボォォン!!

ハートが、3人のあそこに当たる!!


ドラ「おあぁぁぁぁぁぁ!?」(目が飛び出す!!)

ゼロ「ア゛ア゛ア゛ア゛ァァァ!!」(叫び声をあげる!!)

善逸「ギャアアアァァァァァァ!?」(叫び声をあげる!!)


しばらくお待ちくださいの画面*1

バトル対決
負・ドラ ☆×3−3=0
負・ゼロ ☆×3−3=0
負・善逸 ☆×3−3=0
勝・ハミィ ☆×3+3+3+3=12



オノノクス*2「うわっ、これはないわ!」

シグマ*3「哀れなゼロ…」

インディー*4「ドラ、大丈夫か!?」

伊之助*5「おい!!気絶してんじゃねぇよ!!起きろゴラァ!!」

モア*6「皆落ち着いてっぴゅる!!」


ドラ ゼロ 善逸 失格 残り111人


その頃… Edit

アムールトラ「ガルゥゥゥゥゥ…!!」

アムールトラ(かなり体がボロボロになっている!!)

SZ姉貴(こちらもかなりボロボロになってる!!)

SZ姉貴(チェーンソーで攻撃しようとする!!)

アムールトラ「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ァァァ!!」(SZ姉貴をの手を噛む!!)

SZ姉貴「痛ぇ!!」

SZ姉貴は痛みでチェーンソーを放してしまった!!

アムールトラ「グァァァ!!」(チェーンソーをバラバラにする!!)

SZ姉貴「!!」

アムールトラ「ガルゥゥ!!」

SZ姉貴「ハハハ…」

SZ姉貴は加速で避けて、アムールトラの後ろに回る!!

SZ姉貴(死神の鎌をアムールトラに向ける!!)

SZ姉貴「さようなら…」


バキューン!!


アムールトラ(倒れる!!)

SZ姉貴「(あいつらには本当に悪い事をしてしまったな…だが安心しろ、峰打ちにしておいた後、一分後に回復する菌も取り付けた)」


バトル対決にて

アムールトラ ☆×3−3=0
SZ姉貴 ☆×3+3=6


アムールトラ 失格 残り110人


その頃 Edit

キーボードクラッシャー「くそ…このままではいつまでたってもポイントがたまらない…こうなったらコイツらの力を借りてやる!!来い!!」

キーボードクラッシャーは3つのハイパーボールで伝説のポケモンを召喚する!!


スイクン「勝、お前の思いどおりにはさせん!!(中の人繋がり)」

エンテイ「ええいー!!(鳴き声)」

ライコウ「全て順調のようだな。予定通り、側面に展開させよ(名前繋がり)」

キーボードクラッシャー「なんか二体だけおかしくねぇか!?(エンテイは普通だけど…)」

キーボードクラッシャー「まぁいいや、さっさとあいつらをやつけて」

ガレオム「!!(ガレオムがいきなり現れて、三犬をぶっとばして何処かへ行った!!)」

キーボードクラッシャー「あぁぁぁぁぁぁぁ!!俺の三犬が出たばっかなのにぶっ飛ばされた!!あぁぁぁぁ!!なんてことしてくれるんだ!!」

その頃 Edit

そばっち「ちょっと!空飛んでばっかで戦おうとするのは卑怯だよ!!」

G・ロードランナー「へっ!飛んじゃいけないってルールはなかったぜぇ」

NYN姉貴「おのれ…」

G・ロードランナー「もしかして、この私を落とそうと思ってるのか?やれるもんならやってみろ~ww」

シャミ子「うわぁぁぁぁぁ!!」(何故かぶっ飛ばされている)

G・ロードランナー「おい、どうした、ビビってんのか?ってギャッ!!」

ロードランナーとシャミ子は、ぶつかって共に落下した!!

G・ロードランナー「痛てぇ…おいてめぇ!何してくれてんだよ!」

シャミ子「あぁ、すみません!これには色々な訳が、」

NYN姉貴「……」

そばっち「……ん?何か近づいてきてるような…」

ガレオムが突進してきた!!

シャミ子「!!危機管理!!」

G・ロードランナー「やべっ!!」(すぐさま避ける)

NYN姉貴「!!逃げるんだよ~!!」

そばっち「ちょ、まずい!早く逃げないt…」

ドカァーーン!!

しかし、間に合わず、そばっちはガレオムによってぶっ飛ばされてしまった!!

そばっち「間に合わなかった~!!」


バトル対決にて
負・そばっち ☆×3−3=0
勝・ガレオム ☆×6+3=9


そばっち 失格 残り109人

NYN姉貴「ワ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ァァァ!!」

NYN姉貴は転がる!!

NYN姉貴「なんでぇ…?」(逃げたのに何故かぶっ飛ばされた。しかし、やられはしなかった)

NYN姉貴「おや?」(何かを見つける!)

NYN姉貴「イイゾ~コレ~」(何処かへ向かう!)

その頃…ぶっ飛ばされた三犬は… Edit

エンテイ(ぶっ飛ばされて、何処かに着く)

エンテイ「?」

早坂美玲「僕もオルガチームでなにもしてないけど、何かしないと!」

エンテイ「ええいー!!」

早坂美玲「あれ!?これって、エンテイ!?始めてみる!かっこいい!!」

NYN姉貴「ペチャンコになってこいよ!!」(行きなり襲いかかる!!)

早坂美玲「え!?うわっ!!」(NYNのパンチの衝撃でぶっ飛ばされる!!)

NYN姉貴「ちゃおっす!」

早坂美玲「痛た…うっ、やってくれましたね!(ガンがーモードに変身!!)」

繰り返す日常に~折れないように~

NYN姉貴「114514(止まらないポプ子と化する!!)」

勝ち取りたい!!ものもない!!無力なバカにはなれない!!それでキミは、いいんだよ!(止まらないオルガによってネタにされた曲が流れ始める!!)

エンテイ「……」

エンテイ「……」

エンテイ(何を見せられてるのだろう)

スイクン(ぶっ飛ばされて、何処かへ落ちる!)

スイクン(迷ってしまった)

フリーザ「ホッホッホッホ…分身のベジータさんも大したことないみたいですね…」

分身ベジータ「ほおぉ!?」(ダメージを受けまくる!!)

スイクン「…」(よくわからない状況だが、戦おうとする!!)

スイクン(スイクンの冷凍ビーム!!)

フリーザ「!?」

分身ベジータ「え?」

分身ベジータ「わあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

冷凍ビームで凍らされる!!

召喚獣が、召喚獣を倒したことによって

キーボードクラッシャー*7 ☆×5+3=8

キーボードクラッシャー「え、何で増えてんだ…?なにもしてないんだけど…」

その頃… Edit

ドカァーーン!!

リオル(ぶっ飛ばされる!!)

サトシ「リオル!!」

ガムボール「これでトドメいくぞ!!大玉螺旋丸!!」

ガムボールは大玉螺旋丸を投げる!!

サトシ「!!しまった!!」

ゴウ「サトシ!!うわっ!!」

カカロット「遊びは終わりだ!!」

ゴウはカカロットはカカロットと対決しているので、助ける余裕がない!!

ゴウ「くそっ!どうしたらいいんだ…!」

大玉螺旋丸がサトシに向けて放たれようとする!!

サトシ「うぉあぁ!?」

その時、ライコウがサトシの前に降ってくる!!

サトシ「!?あれはライコウ!?どうして空から…」

ドカァァン!!

召喚獣を倒したことによって
ガムボール ☆×5+3=8

ガムボール「やった!?よっしゃあ!!この日のために大玉螺旋丸を練習しといてよかった!!さて、早くシトロンを捕まえて…」

サトシ「なんだかライコウには悪いけど、助かった…!ハッ!ガムボールが!!ピカチュウ!アイアンテールでやつを止めろ!!」

ピカチュウ「ピカッチュウ!!」

ガムボール「高得点は僕の物、」

ピカチュウがガムボール頭にアイアンテールをぶつける!!

ガムボール「ぎゃあああぁぁぁぁ!!」

ガムボールはピカチュウによって止められた!!

ガムボール「えっ、ちょっなんで生きてんの!?……?」(下を見る)

ライコウ(大玉螺旋丸で再起不能になっている!)

ガムボール「あー、なるほど…」

part20に続く


*1 どんな画面なのかはご想像でお願いします
*2 観客
*3 敗退
*4 敗退
*5 敗退
*6 観客
*7 持ち主