Top > ジャンル別 > バラエティ > L01 > 3 > 9

ミッション6
HTML ConvertTime 0.035 sec.

ドナルド『60万円超えた!』
ジリリ
ドナルド『60万超えたらメールが来た!』


マフラーちゃん『現在ハンターを6体ずつ乗せたハンターマイクロバスが3台、仙台を目指し東北自動車道を走行中だ!』
ルールー(メイドインワリオ)『残り10分になるとエリアに侵入して最大18体放出!』
氷川いおな『ハンターマイクロバスを停止させるには榴岡公園にある誘導装置に暗証番号を入力しなければならない。急ぎたまえ!暗証番号!?』

ミッション ハンターマイクロバスを停止せよ! Edit

東北自動車道を走行中の3台のハンターマイクロバス。
残り10分になると仙台に到達。中には6体のハンターが乗っており最大18体放出する。放出されれば最大で21体となる。
それを止めるには榴岡公園にある暗証番号を入力しハンターマイクロバスを止めなければならない。
暗証番号は3種類。
一つ目は、街を歩いているガラル地方のジムリーダー、カブのズボンの番号。
二つ目は、コンフォートホテルの最上階にある。これはエリア内にある仙台駅から確認しないといけない。
三つめは、エリア内走行中のトラックの番号。
3つの暗証番号はハンターマイクロバスと連動。すべてのハンターマイクロバスを停止させるにはすべての暗証番号を入力しなければならない。


マフラーちゃん『もう終わりだよ…カブって誰だよ。』
すべてのハンターマイクロバスを停止させるには逃走者との協力が鍵となるようだ。


ちゃこ(ここたま)『仙台駅から暗証番号!?いくしかにゃいです!仙台駅!』
ルールー(メイドインワリオ)『仙台駅、ルールーも行く!』
しかしエリアには3体のハンター。動けば見つかる危険性も高まる。


トラハムちゃん『あ、トラック発見!334だ。』
運よく、トラハムちゃんはすぐにエリア内に走行中のトラックの暗証番号を確認することができたようだ。
トラハムちゃん『あ、あれだ!334!』
暗証番号を入力すれば、ハンターマイクロバスは3台のうち1台離脱。6体のハンター放出を防ぐことができる。
そんな中、誘導装置にたどり着いた。トラハムちゃん。
トラハムちゃん『よし!3…3…4!』
トラハムちゃんは334と数字を入力した。
トラハムちゃん『これでいいの?あ!止まった!』
これでハンターマイクロバス、1台離脱。6体のハンターを防ぐことに成功。


トラハムちゃん『1台止めたー!』

牢獄 Edit

牢獄一同『イェーーーイ!』

残るハンターマイクロバスは2台…阻止できるか!? Edit

しかし残る2台なおも仙台へ向かっている。ハンター放出までおよそ8分。
トラハムちゃん『もしもしー!』
ドナルド『もしもし、ドナルドです。』
トラハムちゃん『ドナルド、どこへ行くの?』
ドナルド『僕はカブさんを探しているんだ。』
トラハムちゃん『私は次、仙台駅へ行くね!』
そういうとトラハムちゃんは電話を切り、仙台駅へ向かった。


エリアには3体のハンターが探している。
ハンター「…」
すると、ハンターが逃走者を捉えた。見つかったのは。
ハンター『…LOCK ON TORAHAMU』


トラハムちゃんだ。
トラハムちゃん『うわっ!』
叫びながら逃げるトラハムちゃん。逃げた先には。
ちゃこ(ここたま)『トラハムちゃんだ。』
トラハムちゃんだが…ハンターの標的は。
トラハムちゃん『助けてーー!』
ハンター『…LOCK ON TORAHAMU』
トラハムちゃん『そんなー!』(ポン)
トラハムちゃん確保 残り5人 残り時間16分22秒


マフラーちゃん『確保情報。トラハムちゃん確保。トラハムちゃんー!』
そのころ。ちゃことルールーは仙台駅へたどり着いた。
ちゃこ(ここたま)『どうすればいいの?』
ルールー(メイドインワリオ)『何かないと見えないわ!』
ちゃこ(ここたま)『とにかくあきらめるです!』
そういうと、ルールー、ちゃこは暗証番号の数字を見るの諦めた。


一方、ドナルド・マクドナルドは。
ドナルド・マクドナルド『あ!カブさん!』
カブ(ポケモントレーナー)『よう!なんか用?』
ドナルド・マクドナルド『番号見せてくれ!あ、187だ!ありがとうカブさん!』
ドナルド・マクドナルドは暗証番号を見るとすぐに誘導装置へ走り行った。


そしてドナルドは誘導装置へたどり着いた。
ドナルド・マクドナルド『えーっと。1…8…7』
ドナルドは187と暗証番号を入力した。これでハンターマイクロバスは1台離脱。6体のハンターの放出を防ぐことに成功。


しかし…
ドナルド・マクドナルドの近くにハンター。
ドナルドは黒い影に気づき慌てて逃げ足をつかって逃げ出す。
ハンター『LOCK ON MACDONALD』
ドナルド・マクドナルド「アラー!」(ポン)
ドナルド・マクドナルド確保 残り4人 残り時間12分32秒


ルールー(メイドインワリオ)『もー!ドナルド確保って急ぎますわ!望遠鏡どこ?』
ちゃこ(ここたま)『急ぎますわ!はにゃぁっ?』
ちゃことルールーは突然驚いた。その先にはポケモントレーナーのビートだ。
ちゃこ(ここたま)『あ!ビートだ!ビートさん。テレパシーを使えばにゃんとかにゃるのですか?』
ビート(ポケモントレーナー)『知らないけどこれあげるよ。』
ちゃこ(ここたま)『望遠鏡ですか?』
ビート(ポケモントレーナー)『うん、そうだよ!望遠鏡よ!』
ちゃこ(ここたま)『ありがとうです!ってハンターです!逃げるです!』
ちゃこはハンターに気づき、慌てて逃げる。
ルールー(メイドインワリオ)『危なかった。』
気づかなかったようだ。
ちゃこ(ここたま)『もう無理です!逃げるです!』

牢獄 Edit

キーボードクラッシャー『6体増えるのか。』
織原ひめみ『合計9体か…』
ムスカ『この4人は9体のハンターから逃げれるのかな?』

残り50秒…間に合うか!? Edit

ハンター放出まで50秒切った。
仙台駅へ再び急ぐちゃこ。


ハンター放出まで30秒。
急ぎ足で仙台駅へ向かうがもう間に合わない…
ちゃこ(ここたま)『もう間に合わないです…』

牢獄 Edit

プリティ(ポップン)『なんだこれ!?』
キーボードクラッシャー『こっわーー!?なんだー!?』


仙台へ訪れた新たなる恐怖…
5…4…3…2…1…


6体のハンターが放出される。


6体のハンターがハンターマイクロバスから降り一斉にエリアを駆け足で榴岡公園から去っていく。


パンシー(モンプラ)『なんだこれー!?』
ムスカ『ハンターが6体って…』
食堂のおばちゃん『やばいって、これ!』
スプレンディド『逃げ切れるの!?これ?』
ほかどー(ご当地家族)『絶対に無理ー!こわいこわい!』
松岡修造『これ…怖い。』
プリティ(ポップン)『みんな!頑張ってー!』




次のエピソードへ