Top > ジャンル別 > その他 > ダイナの力の大会 > 1話 > part2

part1の続きです Edit

ベジータ「なんだ貴様ら?」

ガムボール「いきなり現れて悪いんだけど、何しに来たの?」

クロウ「やい!家畜ども!!この大会にシンガンクリムゾンズが来てやったぜ!!感激しな!!」

アナイス「家畜!?」

カカロット「家畜じゃねえ!オラカカロットだ!」

アイオーン「この闇のコロシアムに集いし、強者の軍団…この戦争の中で、闇の太陽神、アイオーンの覚醒を見せるとき、この戦いは終止符を打つだろう。」

ガムボール「中二病かよ…」

ヤイバ「故にこの戦いは、強き者は生き残り、弱いものは去る、つまりは、レジェンド・オブ・弱肉強食。この戦いは、負けられぬ最大の戦いとなるとなるだろう。故に」

炭治郎「そ、そうなんだ…」

クロウ「やい、てめぇら!!さっきから俺を無視してんじゃねぇ!!」

パラガス「あぁ、すまんすまん…クロウよ、お前達もこの大会に出場するのかね?」

クロウ「あぁ。俺の力をこの全世界の家畜どもに俺達の歌を響かせるんだぜ!!」
ナッティ「ねぇ!ねぇねぇ!!」
アイオーン「この戦争のホーンがなるとき、この戦争は闇の太陽神の力によって終焉を迎えるだろう…」
ナッティ「ねぇねぇってば!ねぇねぇ!!」
ヤイバ「この戦いは、レジェンド・オブ・弱肉強食。最強と呼ばれる勝利の証を手にいれて見せよう。故に!!」
ナッティ「ねぇねぇねぇねぇ!ねぇねぇ!!」
クロウ「よっしゃあ!!燃えてきたぜ!!見てろよ家畜ども!!」
ナッティ「ねぇねぇねぇねぇねぇねぇ!!」
クロウ「さっきからうるせぇな!!なんだてめぇは!?」

ナッティ「ねぇ!ちゃんと風呂入ってる!?」

クロウ「あ?」

ナッティ「ねぇ!ねぇ!ちゃんと風呂入ってる!?」

クロウ「え?あ、あぁ、あの、」

ナッティ「ねぇ、ちゃんと、ねぇちゃんと風呂入ってる!?」

クロウ「あぁ、たまに入ってるが?」

ナッティ「ええええぇぇぇ!!ねえちゃんと風呂入ってるの!?」

クロウ「は?」

ナッティ「このシスコン野郎め!!」

クロウ「(ブチッ)てめぇ、いい度胸じゃねぇか…!!」

クロウ「そんなに俺様をバカにしやがって…!!その口を聞けねぇようにしてやるぜ…!!レッドトマホーク、召喚!!」

パラガス「えぇ!?まてまてまてまて!!」

アイオーン「愚かなる小動物よ…この闇の太陽神も介入せざるおえん…!!ホーリーアーク召喚!!」

ヤイバ「拙者もどうやら本気を出さねばならんな…龍剣伝ここに参る!!」

パラガス「えぇ!?(トーン高め)」

ナッティ「うわぁww変な武器ww」

その時、三人の堪忍袋の緒が切れた!!

クロウ「てめぇ…俺らの武器までバカにしやがって…上等だなオイ…!!」

アイオーン「この闇の太陽神を怒らせるとは、愚かにもほどがある…!!」

ヤイバ「拙者の堪忍袋の緒を切らしたこと、後悔するがい!!」

パラガス「やめろ!!お前ら、やめるんだぁ!!やめろおぉぉぉぉぉ!!(必死で止める)」

ロム「うるせぇ!!」

鉄拳制裁!!

3人「グハァ!!」

K.O.

パラガス「えぇ!?」

クロウ「何すんだ!!ロム!!あいつは俺らをバカにしたんだぞ!?」

ロム「だからなんだってんだ!!」

3人「!!」

ロム「俺達はなぁ、今までこの力の大会の為に厳しい特訓をしたんだぞ!!それなのにお前らはこんなところで喧嘩してんじゃねぇ!!挑発されたからなんだ!!大会が始まったら俺達の実力を見せて、知らしめればいいだけの話じゃねぇか!!たかが挑発ぐらいで怒るな!!俺達はあれを手にいれるために優勝して見せるんだ…!!俺達はシンガンクリムゾンズ!!俺達は今までいろんな困難を乗り越えてきた!!そして今日も俺達で力を会わせてどんな困難も乗り越えるんだ!!」

3人「ううぅぅぅ…」

ヤイバ「さすがは社会人…!そうだな、力を会わせるときだ…!!」

アイオーン「あぁ…!この闇の太陽神の鋼の心臓が響き渡った…!今こそ力を会わせるときだ…!」

クロウ「ロム…!マジでやっぱりあんたは最高だぜ…!!」

アナイス「一人でも真面目な人いてよかったわ…!」
◯◯◯◯◯「僕もそう思います」
パラガス「あぁ、そうだな。」
◯◯◯◯◯「ハァッ☆」

パラガス「しかし、あの黄緑のやつは…!」

カドルス「あ、すみません!ナッティ君が!」

パラガス「ん?何だ?お前は?」

カドルス「僕はカドルスです。ハピツリチームです!力の大会、お互い頑張りましょう!あ、ちょっと待ってよ!ナッティ!」

パラガス「ハピツリか…一応強いかもしれないな…ん?」

リチャード「フッフッフッ、どうだい?この脂肪。素晴らしいと思わないかい?」

ハミィ「ニャッ!?この脂肪、柔らかすぎにゃん!ハミィもビックリするほどだニャン!」

リチャード「グータラ対決で鍛えたんだ!このくらい朝飯前だよ!」

コフレ「さすがにこれは太りすぎです…」

アナイス「あ、パパ!ってなにやってるの…?」

リチャード「何って?脂肪自慢だよ!この猫さん脂肪すごいっていってきてるからじま?してるんだ!」

アナイス「そ、そうなんだ…そういえばママは?」

リチャード「ママなら…あそこに。」

アナイス「ん?あっ…」

ニコル「あなた一体どういうつもりなの?」

ポプ子「おぉww怖っww」

ピピ美「インスタにあげよ!(写真を開く)」

アナイス「ちょっと!何勝手にママの写真を撮ろうとしてるの!?」

ポプ子「あぁ!?」

ピピ美「撃つな」

アナイス「どうやら貴方達は仲良しみたいね…!」

ピピ美「私の名はピピ美。」

ポプ子「あたし、ポプ子!何処にでもいる14才の中学二年生!!」

アナイス「(お兄ちゃんと同じ8年生ね…)」

アナイス「ママ、一体何があったの?」

ニコル「実はね…あの子達、私の腰を叩いてきて…怒った?って言って挑発したの。ちょっとひどいと思わない?」

アナイス「ママ、気持ちはわかるけど一旦パパ達と合流しましょう。」

ニコル「うん、それもそうね…(そういって、アナイスと一緒にガムボール達と合流しにいく。)」

ポプ子(鉄バットを持ちながら風船ガムを膨らます)

パラガス「こういう者達もいるのだな…」

????「すっごーい!」

パラガス「ん?」

サーバル「君は変態さんのフレンズなんだね!」

クマ吉「ち、違うよ!ぼくは変態じゃないよ、仮に変態だとしても、変態と言う名の紳士だよ!」

うさ美「確かに変態のフレンズだと思うわ。」

クマ吉「ひどいよ、うさ美ちゃんまで…」

パラガス「ほぉ…他にも出場者はいるらしいな。」

◯◯「ふん、このわしを殴るつもりか?」

パラガス「ん?」

ジャイアン「てめぇ、何お偉いさん気取りになってやがる!!」

赤犬「ふん、今ここでぶん殴ったらどうなるかわかっちょるだろ?」

赤犬(赤犬はマグマの手を見せる!!)

ジャイアン「てめぇぇ…!!たかがマグマ人間だからって容赦はしねぇぞ!!」

スネ夫「落ち着いてジャイアン!!今は試合じゃないから!!」(ジャイアンを止めている)

パラガス「ほぉ、こいつらは強そうだ。」

パラガス「そしてこっちは…」

オルガ「俺は…鉄華団団長…オルガ・イツカ…!」

キーボードクラッシャー「オルガか。かなり弱そうな奴だなww」

ムスカ「おいおい、あまり挑発してはいけないぞ。」

キーボードクラッシャー「あぁ、分かってる。すまんなオルガ…ん?」

早坂美玲「ふふんふんふふん♪」(スマホを見ている)

キーボードクラッシャー「うわぁ、すげぇ美人…」

ムスカ「素晴らしい!」(誉めている)

パラガス「こちらは何を企んでいるのか分からないな…ん?」

その時、謎のブラックホールから謎のチームが現れた!!

パラガス「!?だ、誰だ!?」

カカロット「!!あいつは…!!」

クッパ「ガーハッハッハッハッハ!!」

ガノンドロフ「ハッハッハッハッハ!!」

デデデ「デヤァハッハッハッハッハ!!」

黒ひげ「ゼハハハハハハハ…!」

フリーザ「フッフッフッ…」

夜神月「ハッハッハッハッハ!!」

ロム「何だ!?あいつらは!!」

ニコル「邪悪なオーラを放っているわ…!」

リゼ「お前は何者だ!!」

私的ヴィランズ「(悪の笑いをする!!)」

part3に続く!!