Top > ジャンル別 > その他 > ダイナの力の大会 > 2話 > part11

part10の続きです! Edit

ダーウィン「ふぅ…ここまで来れば大丈夫かな?」

ガムボール「あの強さはヤバかったよ…」

アナイス「やっぱり逃げたじゃない。黒いのに叶わなさそうからって。」

ダーウィン「でも、これだと僕たちの☆は少ないままだよ?」

G・ロードランナー「おい、どうした?ビビってんのか?」

ガムボール「ん?」

モフルン「モフー!ビビってないモフー!」

G・ロードランナー「まぁ、だけど私が勝っちゃうもんね!」 G・ロードランナーはトランプの2番を引いた!

G・ロードランナー「あっがりー!」

ババ抜き対決にて

負・モフルン ☆×3-1=2
勝・G・ロードランナー ☆×3+1=4

モフルン「モフー!!悔しいモフー!」

ダーウィン「ああいう風にコツコツ貯めていったらどうかな?」

ガムボール「あれだと時間がかかるよ。どうせならお互いに☆全部かけてバトルするってどうかな?例えばほら…」

イエローデビル「ブモオォォォォォ!!」(張り手だけでフレイキーをぶっ飛ばす!!)

フレイキー「あぁぁぁぁぁぁぁ!!嘘だろ!?俺の出番はもうここまでかよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

相撲対決にて

負・フレイキー ☆×1-1=0
勝・イエローデビル ☆×5+1=6

フレイキー 失格 残り138人

アナイス「でも、あれは全部かけたと言うより、元々1だから失格になったんじゃない?」

ダーウィン「確かにそうだね…」

ガムボール「安心しろ!まだまだ倒せそうなやつがいる!」

パラガス「おぉ、お前たち。」

ダーウィン「あ、パラガスさん。」

炭治郎「あ、アナイスさん、また会いましたね。」

アナイス「あら、炭治郎さん。」

ガムボール「ねぇ、僕の話は…?」

パラガス「おっと失礼。で、どんな話をしていたのだ?」

ガムボール「僕たちでも勝てるキャラのことを話してたの!多分、一番割りと簡単に倒せそうなのはスバルかな?」

ダーウィン「スバル?」

ガムボール「スバルはリゼロのキャラで一般人みたいなキャラなんだ。力もそんなに強くはなさそうだし僕たちでも倒せそうだ!」

レム「ケダモノめ…スバルくんを狙おうとしないでください。」

アナイス「ん?」

炭治郎「あ、レムさん。」

ガムボール「ん?スバルくん?お前、スバルくんの関係者なのか?」

レム「スバルくんは色んな実力をもったすごい人です。スバルくんを狙おうとするのは許しません。」

スバル「レム…」

レム「?」

スバル*1「ごめん…もうやられた…」

レム「スバルくん…何があったんですか…?」

ガムボール「うわっ!もうやられていたのか!くそぉ!最初に狙っておけばよかった…」

ダーウィン「だけど他に勝てそうなやつもいるかもしれないよ?」

ガムボール「まぁ、それはそうだけど…ん?」

ダーウィン「例えば、ジュエルペットとかなら勝てそうなんじゃない?」

ガムボール「避けろ…」

ダーウィン「なに?」

ガムボール「避けろ!!」

ガムボールは、ダーウィンにぶつかった!

シュウゥゥゥゥゥ!!

なんと、上から網が降ってきた!

???「ちょっと!どこ狙ってんのよ!」

???「しょうがないニャ!ニャーだって軌道を変えるのは難しいんだから!」

???「今度はちゃんとピカチュウ狙えよ!」

???「ソーナンッス!!」


リゼ「お前は誰だ!?」

デデデ大王「ありゃなんゾイ!?」

ラブラ「一体何者ラブ!?」

みきゃん「大変なことになってるきゃん!」

NYN姉貴「なんだこれはたまげたな」

エックス「だぁれだてめぇ!!」

ロム「というかこのバトルは乱入禁止のはずだろ!?」

アッフン先生「そうデスヨ!?」

キーボードクラッシャー「部外者は帰れー!」

トラハムちゃん「そもそもなにしに来たの!?」

等の色んな出場者が上から狙って来た者に文句をつける!

セレナ「その声…もしかして!!」

名乗り口上中 Edit

???「その声…もしかして!と言われたら!」 ???「答えてあげるが世の情け!」

???「世界の破壊を防ぐため!」

???「世界の平和を守るため!」

???「愛と真実の愛を貫く!!」

???「ラブリーチャーミーな敵役!!」

ムサシ「ムサシ!!」

コジロウ「コジロウ!!」

ムサシ「銀河を駆ける、ロケット団の二人には!」

コジロウ「ホワイトホール、白い明日が待ってるぜ」 ニャース「ニャーんてな!」

ソーナンス「ソーナンッス!!」

名乗り口上終了 Edit

サトシ「やっぱりおまえたちか!!」

クロウ「ロケット団?」

サトシ「人のポケモンを奪う、悪いやつなんだ!」

シトロン「あまり近づかない方がいいです!」

ダイナ「おいおい、なにしに来たんだよ!?今、皆はバトルをしているんだぞ!?邪魔をするんじゃない!!」

霊夢「そもそもどうやって来たのよ…」

ムサシ「あーら、そこのリボンのジャリガール。しょうがないから特別に教えてあげるわ。」

コジロウ「俺たちは、ダブルジャリボーイ(サトシとピカチュウ)がダイナの力の大会に出ると言う話をしたところを見たんだ。そして、こっそりチラシを呼んだ。そしたら場所が描いてあって、それを頼りに俺たちは、ここに来たって訳だ。」

ニャース「それよりもダブルジャリボーイだけじゃなく、XYのジャリボーイとジャリガールもいるし、パラガスって言うキャラも結構強そうなポケモン持っているから、ついでに全部いただいて、ここにいる奴らの持っているポケモンもニャ!」

ソーナンス「ソーナンッス!!」

早苗「あっ、そうなんですか…」

小野妹子「あの、単刀直入にいいますけど、この大会は乱入禁止なんですよ?なんで乱入しに来たんですか?」

ムサシ「ん?乱入禁止!?どう言うことよ!!」

アルセウス「ダイナさん、どうしましょうか…この展開…」

ダイナ「うーん…しょうがない。お前たちだけ特別に乱入参加にさせてやる。」

ロケット団「へ?」

ダイナ「ただし!!これは悪魔で特別だぞ!お前たち特別!!それ以外は乱入禁止!アルセウス、皆、それでいいかな?」

アルセウス「まぁ、ルールを破ってしまうかもしれないがよしとしよう。VAVAもOKでいい?」

VAVA「構わん。勝手にルール破ってろ。この俺の考えたルールは気まぐれでかいたルールだ。破るなり守るなり好きにしろ。」

アルセウス「よし、決まりだね。」

コジロウ「すみません!俺達は出場するなんて一言も…」

アルセウスは、指パッチンで、星を表示する!!

CHANCE TIME!!

ロケット団の星が30つ表示される!!

ニャース「ニャッ、星が30つ!?」

チャンスタイム発生!!ロケット団を倒すとボーナスとしてなんと!星が30つゲットのチャンス!!早い者勝ち!!

ダイナ「さぁ、ロケット団から星を手にいれよう!」

ムサシ「ちょっとふざけんじゃないわ、」

伊之助「よっしゃキタァァァァぁぁぁぁ!!」 (そう言って、伊之助はロケット団を攻撃!!)

伊之助「うおりゃああああああ!!」(ロケット団を岩盤にぶつける!!)

ニャース「いきなり不意打ちなんて卑怯ニャ!!」

伊之助「てめぇらを倒して、30つの☆は俺様のものだ!!」

レム「させません!!」(伊之助を攻撃!!)

伊之助「グオハァ!!」(ぶっ飛ばされる!!)

レム「30つの☆は私が…」

キーボードクラッシャー「星をよこしやがれぇ!!アルマゲドンヘイッ!!」

レム「きゃあっ!!」(ぶっ飛ばされる!!)

キーボードクラッシャー「ムスカとドナルド達には悪いが、大量の星を手にするためにさぁ、おとなしくやられるが、」

UDK姉貴「恋符、!!

キーボードクラッシャー「イヤアァァァァァァァァァァ!!NU!UDK姉貴にぶっ飛ばされてしまったぁ!!」

ロケット団「ギャアァァァァァァァァァ!!」


ニャース「早く逃げるニャ!!」

ムサシ「狙われている以上どうしようもないわ!!」

UDK姉貴「待てーーーーーー!!」

コジロウ「ヤバい、もう追い付かれるぞ!?」

UDK姉貴「ちょこまかとー!!ええい!!…」

咲夜「まてぇい!!そいつは私のもんだぁ!!」

ナイフが降ってきて、UDK姉貴を狙って攻撃!!

UDK姉貴「咲夜、ストップストップちょっと待って!!」

ドカァォァァァァァン!!

UDK姉貴「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」


バトル対決にて

負・UDK姉貴 ☆×3-3=0
勝・咲夜 ☆×4+3=7

UDK姉貴 失格 残り137人


観客席 Edit

UDK姉貴「ああああああああ!!」

バタン!

RU姉貴「魔理沙!?」

魔理沙「おい、もう一人の俺大丈夫か!?」

UDK姉貴「あ、あぁ…」

だが、UDKの体はボロボロ

スバル「いや大丈夫じゃないだろ!?」

その頃 Edit

咲夜「チャンスタイムのロケット団の30は私のもの!!全てを手にして、勝利をつかんで、お嬢様に誉めてもらうわ!!」

イエローデビル「ブモオォォォォォ!!」(咲夜を攻撃しようとしている!!)

時が止まる!!

咲夜「私が後ろを見ていないとでも?」

ナイフを投げて、イエローデビルを攻撃!!

イエローデビルはバラバラになる!!

咲夜「ふん、退屈しのぎにもなら…」

ガレオム(ガレオムは突進をしてきた!!)

咲夜「おっと。やっぱり、こっちもね。」(避ける!)

ガレオム(ガレオムは睨む!!)

シトロン「いけ、レントラー、ホルビー、ハリマロン!!」

咲夜「ふん、あのロケット団というやらの☆は私のものよ。邪魔をするならば、私が粉砕してあげるわ。フッフッフ…」

ロケット団「ギャアァァァァァァァァァ!!」

咲夜「こっちを片付ける前に、こっちも片付けとかないとね…」

ロケット団「やめてぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

咲夜「さぁ、かかってきなさい!!」

ガレオム(攻撃をする準備をする!!)

シトロン「あの、すみません…」

咲夜「ん?」

シトロン「その…ロケット団はもう僕がやっつけました。」

ダイナ「ダイマックスほう!」

チャンスタイム終了

勝・シトロン ☆×3+30=33

咲夜「え…」

ドカァォァァァァァン!!

咲夜「え…」

ムサシ「ちょっと!?どうしてこうなるのよ!!」

咲夜「嘘でしょおおおおおおおおおお!?」

コジロウ「そんなの俺達が知るか!」

嘘じゃないです

ニャース「やっぱり、ぶっ飛ばされたってことは…」

ガレオム「……」(取りたかったと思っている)

ロケット団「やなかんじ~!!」

シトロン「本当にごめんなさ…」

咲夜「ごめんなさいじゃないわよね…?よくも私の取ろうとした星を取ってくれたわね?」

シトロン「ひぃぃぃぃ!?」

咲夜は怒りの眼差しをシトロンに向けている!!

part12に続く


*1 失格