Top > ジャンル別 > その他 > ダイナの力の大会 > 2話 > part2

part1の続きです! Edit

アナイス「1話が終わって次はpart2ね。皆はどのように戦っているのかしら?」

デーデデッデ★デッデデデー★デッデデデデデデデー★

アナイス「…ん?」

キーボードクラッシャー*1「とっととぉ!!走るよゴマ太郎!!隅ッこぉ!!走るよォ!!ゴマ太郎ゥ!!」

ジャイアン「ぶぅっとばっす!!デンジャラス!!俺、ジャイアン!!一等賞!!あ、どっこいしょお!!」

シグマ「う、うるさい…!!」(耳を塞いでいる)

キーボードクラッシャー「大好きなのはぁ!!タピオカパンのタネェェェェ!!やっぱりィ!!食うとうまいっすよタピオカァ!!ドゥォ!!」

ジャイアン「歌のうまさはボエボエブルボエ~!!」

セレナ「……」(青ざめている)

恋するドラゴン&スプレンディド(落ちて倒れる)

キーボードクラッシャー「とっとと!!まわるよ!!ゴマ太郎ゥ!!ゴロゴロ回るよ!!ゴマ太郎ゥ!!」

ジャイアン「荒ぶる!!ハートフル!!俺ジャイアン!!急上昇!!あっハイテンション!!ガキ大将!!」

アイオーン「……!!」(青ざめている)
妖夢「な、何なんですかこの歌は…!!ひどすぎにも程があります…!!」
エックス「アアアアアアアアアアアア!!」(耳がいたくなっている…)
ダーウィン(目を開けて、フリーズしている)

キーボードクラッシャー「大好きなのはぁ!!マツオカパンのタネェェェェ!!回るとォ!!嬉しいどん兵衛ちゃぁん!!」

ジャイアン「心の友へボエボエブルボエ~!!」

チノ(気絶して倒れる)

キーボードクラッシャー「とっととぉ!!眠るよぉ!!ゴマ太郎ォ!!どこでもォ!!眠るよぉ!!ゴマ太郎ゥ!!」

ジャイアン「欲張るゥ!!カーニバルゥ!!俺ジャイアン!!大中小!!あっ俺のでしょう!!ガキ大将!!」

ジェット「な、なんだ…!?」
アマゾン「うるさすぎる…!」

キーボードクラッシャー「だぁい好きなのはぁ!!まつしたさんの○○、*2やっぱりィ!!○○○○はずかシィィ!!」

ジャイアン「世界デビューだ!!ボエボエブルボエ~!!ラララララララララ~!!ラララララララララ~!!ラララララララララ~!!」

キーボードクラッシャー(歌い終わる)

ジャイアン(歌い終わる)

一方 Edit

ダーウィン「ダメだ…まだ目に焼き付いている…」

その頃、アナイスは… Edit

アナイス「あまりにもひどい歌だったわ…」 この歌を皆に投票してもらって、誰が一番よかったのかを決めます。

アナイス「あんなにひどい歌、誰が投票するのかしら…だけど、誰が勝ったのかしら…」

浜田雅功「結果発表ォ!!」


キーボードクラッシャー 4票
ジャイアン 3票


ジャイアン「何ィ!?」

アナイス「と、投票されてる!?誰が投票したの!?」

ドラえもん&のび太&スネ夫(こっそり投票してた。)

ゴニョニョA*3「ゴニョニョ(キーボードクラッシャーの歌、ハム太郎懐かしい!)」

ゴニョニョB*4「ゴニョニョ(子供の頃を思い出す)」

ゴニョニョC*5「ゴニョニョ(ユニークな歌ですね。)」

ゴニョニョD*6「ゴニョニョ(ジャイアンよりこっちが良いかもしれない)」

キーボードクラッシャー「えぇ!?マジか!!おれ自信ないと思った!!」

歌対決にて

負・ジャイアン ☆×3-1=2
勝・キーボードクラッシャー ☆×4+1=5

アナイス「何これ…本当に何この力の大会…」

メタトロンの使い「ほぉ。」

しんのすけ「よし!作戦準備完了!じゃあ、いくゾ!作戦…」

メタトロンの使い以外の4人「……」

しんのすけ「にげろぉぉぉ!!」

アクション仮面「おおぉぉぉぉぉぉ!!」

カンタム・ロボ「おおぉぉぉぉぉぉ!!」

ぶりぶりざえもん「おぉ、あっ!転んだ!ヤバイ!早く起き上がらないと!!あ、ヤバイ!!来てる!!ちょっ、やめ、」

メタトロンの使い「排除ォ!!」

ポカーン!!

ぶりぶりざえもん「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」(ぶっ飛ばされる)

その頃… Edit

ストライダー飛竜「ハァ!!」(ベジータと互角!!)

ベジータ(本体)「せいやぁ!!」(ストライダー飛竜と互角!!)

ベジータ達(分身)「宇宙の散りになれぇ!!ビックバンアタック!!」(ストライダー飛竜に放つ!!)

ベジータ(本体)(避ける)

ストライダー飛竜「ん…?!!」(素早く避ける!!)

ベジータ(本体)「くそったれぇ!!避けやがってぇ!!」

早苗「秘術!!グレイソーマタージ!!」(ベジータに放つ!!)

ベジータ(本体)「ほぉぉ!?」(グレイソーマタージをぶつけられる!!)

シトロン「い、今のは一体!?」(音がなった方を向く!!)

ベジータ(本体)「くそったれぇ…!!よくもこのベジータ様に傷を…ゆるさんぞぉぉぉ!!くらえぇ!!ビッグバン、BINGO!!」(ビッグバンBINGOを、早苗に放つ!!)

早苗「さすがにやられてないわね…後、これは避けないとまずいかもしれませんね…!」(飛んで避ける)

ドラ(SJP学園)「ん?!!ちょっ!うわぁ!!」(なんとか気づいて避ける)

そして、ビッグバンBINGOが壁にぶつかって…
ベジータ(分身)達「ビンゴ!!ビンゴ!!ビンゴ!!ビンゴ!!ビンゴ!!ビンゴ!!ビンゴ!!」

ルビー「うわー!!なんかベジータが増えてる―!!」

サフィー「あれは確か、ビッグバンBINGOって言って、架空のベジータが使える技よ。分析によると、その玉を放つことで大量のベジータの分身が増えてくるわ。」

ベジータ(分身)達「サイヤ人の王子、ベジータが相手だぁ!!」

ベジータ(分身)達の一部「ぐおおああああああああ!!」

伊達政宗(戦国BASARA)(馬で蹴散らす!!)「ベジータの分身が何人増えようが、俺が、一瞬で蹴散らしてやる!!いくぜぇぇぇ!!」

アグジキング「アーーーーーーー!!」(空からアグジキングが降ってき、アグジキングは吠えた!!)

モフルン「モフゥ!?でかいモフ!!」

カドルス「ヤバい…確実に逃げなければやられる!!」

ヤイバ「故に、この戦いに勝つのは我々だけではレジェンド・オブ・勝利は不可…」

嘴平伊之助「はぁ!?でかいからってビビってんじゃねぇよ!!こんなの俺が、一発でやつけてやるぜぇ!!」

ダークみきゃん「おい!?本気かよお前!!」

嘴平伊之助「そんなの聞かれなくても分かるだろぉ!?さぁ、デカブツ!!覚悟しやがれぇ!!」

「獣の呼吸、壱の牙ァ…!!くらえぇ!!穿ち抜きィ!!」(アグジキングに刀を刺す!!)

アグジキング「?」(効果は今一つのようだ)

カドルス「つーか効いてねぇし…」

アグジキング「ドガグィィ!!」(吠えて嘴平伊之助をぶっ飛ばす!!)

モフルン「あ、ぶっ飛ばされたモフ。」

嘴平伊之助「くそぉ…おのれぇ…!!」(立ち上がってもう一度戦おうとしている…)

その前に別の場所のバトルを見ていきましょう。 Edit

かばん「た…た…」

シャミ子「…?」

千代田桃「……」

かばん「た、食べないでください!!」

シャミ子「食べませんよぉ!?」

千代田桃「やっぱりシャミ子は大食い魔族だったんだね。」

シャミ子「違う!私は大食い魔族なんかではなぁい!」

サーバル「すっごーい!君は大食いが大好きなフレンズなんだね!」

シャミ子「だからちがーう!」

シャミ子「それよりも、バトルです!私が勝ったら貴方達のポイントを一つもらいます!」

千代田桃「面白いね。私も参加してみようかな」

シャミ子「桃ォ!なんで私に加勢するのだぁ!私一人でも戦えるぞぉ!」

千代田桃「でも、あっちは二人でかかってくるし…こっちも二人で戦った方が平等じゃないかな?」

シャミ子「あ、確かに…」

千代田桃「じゃあ、対決いこう?何のバトルにする?」

かばん「じゃあ、こんなのはどうでしょうか…?紙を渡す」

シャミ子「ふむふむ…いいでしょう!では、勝負です!」

シャミ子「バスケットボール対決で!」

サーバル「かばんちゃん、バスケットボールって何?」

かばん「あ、バスケットボールって言うのはね…このボールを相手から守って、パスをして、相手に渡して、そのボールを相手の縄張りにある、バスケットにいれたら、得点がはいるんだ。そして…(カクカクジカジカ)」

サーバル「へぇ!そうなんだ!分かった!」

千代田桃「でも、こっちと私達、二人しかいないけど、どうするの?」

アライグマ「かばんさん!アライさんも手伝うのだ!」

フェネック「かばんさん、手伝うよー。」

陽夏木みかん「もしかして、人数必要?私も手伝ってあげるわ。」

千代田桃「みかん、ありがとう。」

サーバル「あれぇ?足りないよ!どうしよう?」

かばん「そうですね…」

千代田桃「あっ、子の人たちなら足りそうじゃない?」

VAVAと霊夢が戦っている Edit

霊夢「やるわね!!」(弾幕を放ちまくる!!)

VAVA「ふん!!お前もな!!」(バズーカを放つ!!)

ハミィ「ニャパァ、すごいニャア。」

かばん「あ、この人たちも来てくれたら…」

part3に続く!*7


*1 音痴設定
*2 ダイナ「ちょっ、それはダメ!!」
*3 観客
*4 観客
*5 観客
*6 観客
*7 次回はバスケットボール対決です!