Top > ジャンル別 > その他 > メガルドは世界征服を目論むようです > 第1話

これは、メガルドが、ある忘れ去られた、目的を思い出した物語。そして、それを進めるメガデットと、全力で阻止するダイナ軍の物語である。

第一話「メガルドの魔の陰謀、計画開始」

メガルド「いつも通りPCでもするか。邪魔だこの、シール!!今回は、最高の小説を見つけにいくぞ!!よぉし!!じゃあいくかぁ!!………誰かいるぞ?」

ファルサリア「こんにちは私ぱんぱぴぱ。」

メガルド「お前はファルサリア!!まさか裏切ったのか!?」

ファルサリア「そんな訳無いでしょ。私今、メガルドに大事な話をしに来たの。」

メガルド「一体どんな話だ?」

ファルサリア「実はね。メガルド君は今、大事な世界征服計画を忘れてると思うの。」

メガルド「あっ!そういえば、計画してたな!忘れてたわ…」

ファルサリア「忘れてなかったんだ…よかった。これから皆で準備をしようと思うの。世界征服計画。皆で一緒に世界征服しない?」

メガルド「さすがに無理がある。こんなの聞いたらあいつらも黙ってられないだろう。世界征服計画は大失敗に終わるだけだ。」

ファルサリア「ふーん?諦めちゃうんだ…たくさんの部下も従えて、好きな物を手にいれ、好きな人も自分のものにできて、美味しい食べ物にうまい飲み物。こんな贅沢な生活をしたくないの?」

メガルド「当たり前だ。そしたら自分もダメになるし。いつ反乱が起きるかわからないんだよ!!」

???「それなら安心したまえ。」

メガルド「誰だ?」

???「この世界は荒んでいる。だから私はこの荒んだ世界を破壊し、望みの世界を作る。素晴らしいと思わないかね?メガルド様。」

メガルド「なに?確かに…荒んでいる…」

???「だから、私達とあなたの望む世界を作ろうではありませんか。なんの争いもない、美しく、穢れていない、最高の世界を。」

メガルド「まぁ、世界征服計画、悪くないな。よし!!その計画を成功させてやる!!」

ファルサリア「流石メガルド様!!皆さん!!メガルドの命令で、この計画を成功させましょう!!」

メガデット「おおおおおおおおおおおおおお!!」

ウアサハ「メガデットの手下をスパーイしていたら、こんな計画ゥを立ててたなんて…大変でぇす!早く、ダイナ様に報告ゥゥを。」

ウアサハは、計画を知ってメガデットの本拠地を出る。

そして、ダイナ軍本拠地

ダイナ「な、なに!?メガルドの奴、世界征服を企てているだと!?」

ウアサハ「はい、その通りです。確かにメガルドが言いました。」

ダイナ「マジかよ…あいつ本気みたいだぞ…ん?」

(いきなりテレビがつく)

ファルサリア「皆さん、今日ぱんぱぴぱ!ファルサリアだよ!メガデットの私が、メガルド様の代わりにお知らせだよ!これより、今から我がメガデットは、世界征服をするようになりました!その理由はこの世界が穢れて、荒んで、秩序を乱されているからです。その世界を変えるために、私達の望みの世界を作るために、この計画をたてました。なんと、実は協力者もいます。その協力者は教えられませんが、最高に我々の戦力になります。タイムリミットは15日!皆さん、この世界の最後を一生懸命過ごしてくださいね!さよなら~。」

ダイナ「マジか…あいつ、本気だ…!!」

ウアサハ「どうしますか?」

ダイナ「もちろんとめるぞ!!何の目的かは分からないが、世界征服は断じて許さん!!ウアサハ!!これより、メガルドの世界征服計画を阻止する作戦をする!!それを皆に伝えてきてくれ!!」

ウアサハ「分かりました。」

ダイナ「頼んだぞ。」

ウアサハは王座の間を出て、メガルドの世界征服を阻止する作戦を報告しにいった。

ダイナ(くそ…メガルドめ…とうとう世界征服を目論んできたか…こちらもなにか作戦を考えなければ…あのままだと、この世界がまずい…待て…あいつ、テレビで協力者って言ってたな…一体誰だ…?)

メガルド「ふぅ、これより、世界征服実行計画だな。ここでは協力者が活躍できそうだ。」

協力者(フード)「……」

次回予告
ついにメガルドが、世界征服を始める!!そして、敵の協力者(リクエスト)が一人登場する…!!ダイナ軍は、その世界征服を止めることはできるのか!?
「次回 メガデット&協力者vsダイナ軍」