Top > ジャンル別 > バラエティ > L01 > 1 > 3

ミッション1
HTML ConvertTime 0.044 sec.

ジリリ ジリリ


リボンちゃん「あ、メールでちゅわ」


メールだ


リボンちゃん「ミッション1、駐車場、おみやげ店、展望デッキ、それぞれの場所に3つのハンターボックスを設置した。残り70分になると放出される。阻止するにはそれぞれの場所にあるハンターボックスのレバーを2人同時に下してロックしなければならない。だってでちゅわ!」

ミッション ハンター放出を阻止せよ Edit



残り70分になると駐車場、おみやげ店、展望デッキ。それぞれの場所にあるハンターボックスが開かれハンターが放出される。
阻止するにはそれぞれの場所にあるハンターボックスのレバーを2人で同時に下さなければならない。


キノピオ「え?ハンター3体?」


阻止しなければ合計6体となってしまう。


マリオ「電話して聞いてみようか。」


(びりり)


マリオ「もしもし、ルイージ。ミッションやりますか?」
ルイージ「やります。ハンター3体放出されるの嫌なので」
マリオ「はい、わかりました。今場所はどこですか?」
ルイージ「今は、展望デッキのほうです。マリオさんは。」
マリオ「2Fのお土産屋です。今行きますので」
ルイージ「はい、わかりました。」(電話を切る)


マリオ「展望デッキへ急ごう。」


ハンターは合計3体。エリア内を捜索し続ける。ミッション参加するほどハンターに見つかるリスクが高まる。


スタッフ「ミッションやりますか?」
キノピオ「ミッションやります!」


しかし、キノピオの近くにハンター。


キノピオ「あ、ハンターいた。」(逃げる)


見つかった。慌てて逃げるキノピオ。
キノピオ「うわーー!ハンターだ!」


ウゴマル「や、やばい!ハンターだ!」


ハンターが視界に捉えたのは…キノピオだ!
キノピオ「うわーーーー!!」
ハンター(LOCK ON KINOPIO)
キノピオ「もう無理ーーー!」(ポン)
キノピオ確保 残り16人 残り時間77分08秒
キノピオ「マジかよ」


(びりり)
マフラーちゃん「確保情報。キノピオ確保。残り16人。もう3人目確保か、早いねぇ。」


リボンちゃん「あ!駐車場にハンターボックスがあるでちゅわ!オーキニーちゃんに電話するでちゅわ!」
(びりり)
リボンちゃん「もしもし」
オーキニーちゃん「あ、はい。オーキニーやけどなんかあるんや?」
リボンちゃん「今駐車場のハンターボックスの前にいる。駐車場に来て!」
オーキニーちゃん「今ちょうど駐車場の前にいるんや!」
リボンちゃん「よかった!」(電話切る)
オーキニーちゃん「リボンちゃん!」
リボンちゃん「オーキニーちゃん!ハンターボックスのレバー!同時に下ろそう!せーの!」


リボンちゃん&オーキニーちゃん「よいしょ!」(同時にレバーを下す)


これでハンターボックスは1つ封印となった。


マフラーちゃん「どこ?ハンターボックス見つからない。」
ハンターボックスは展望デッキと、おみやげ店の非常口前に置かれている。
残り70分になるとハンターボックスからハンターが放出される。
エリアには3体のハンターが逃走者を捜索しており動くほどハンターに見つかる危険性が高まる。ミッションに行くか行かないかは逃走者の自由。


マリオ「あ!ハンターボックスだ!これね?」
ルイージ「うん、レバー引けばいいのか。」
マリオ「行くよ!せーの!」
マリオ&ルイージ「よいしょ!」(同時にレバーを下す)


マリオ「よし!」
ルイージ「サンキュー!」
これで残りのハンターボックスはあと1つに。


しかしその2人の近くにハンター。


マリオ「あ、ハンター来た!逃げよう!」
ルイージ「OK!」(逃げる)


マリオ「あ、やばい」
見つかった。必死に逃げる2人。


ハンターの視界に捉えたのはマリオだ。
マリオ「ちょ、ちょ!」
自慢の速さで逃げるマリオ。しかし逃げた先に別のハンター。
マリオ「うわーーーーーーーー!」(ポン)
マリオ確保 残り15人 残り時間72分32秒
マリオ「ハンター速過ぎる。」


(びりり)
ルイージ「確保情報。マリオ確保。残り15人。え?お兄さん捕まったの?」


スタッフ「ミッションどうしますか?」
ドナルド「ミッションいかないです。」
ドナルド「それよりハンバーガー食べたいです。」


マフラーちゃん「時間がない!うわっ!」
ウゴマル「あら、マフラーちゃん。」
マフラーちゃん「ウゴマル。ミッションやらないか?」
ウゴマル「うん!残る場所はおみやげ店。」
マフラーちゃん「お、おみやげ?」
ウゴマル「そうだぬ。」


ウゴマルとマフラーちゃんからおみやげ屋までの距離は60m。


マフラーちゃん「あ、ここね!」


ウゴマル「あ、ハンターが」(逃げる)
マフラーちゃん「逃げましょう。」


マフラーちゃんにハンターが迫ってくる。
マフラーちゃん「やばいやばい」
ウゴマル「こっちこっち」


しかし逃げた先に別のハンター。
ウゴマル「逃げよう!」
ウゴマルは気づいていないようだ。


見つかった。
ウゴマル「うがああああああああああ!」(ポン)
ウゴマル確保 残り14人 残り時間71分00秒
ウゴマル「まさかこんなことになるとは思ってなかった。」
ミッションに挑むのはかなり危険だ。


(びりり)
リボンちゃん「確保情報。ウゴマル確保。残り14人。怖いでちゅわ。」


ミッション終了まで1分切った。このままではハンターが放出されてしまう。
オーキニーちゃん「あ!マフラーちゃん!」
マフラーちゃん「オーキニー!」
マフラーちゃん「このままでは危ない。急ごう」
オーキニーちゃん(走る)


ミッション終了まで10秒


マフラーちゃん「オーキニーちゃん!レバー引くんだ!」
オーキニーちゃん「せーの!」
マフラーちゃん&オーキニーちゃん「それー!」


(キラーン)ミッションクリア


(びりり)
メールだ
ドナルド・マクドナルド『ミッション1の結果、オーキニーちゃん、マフラーちゃん、マリオ、ルイージ、リボンちゃんの活躍によりミッションクリア。ハンター3体放出を阻止することができた。』
トラハムちゃん『さすがオーキニーちゃん。持久力あるわ。』


スタッフ『自首はどうしますか?』
騒音おばさん『もちろん!』
スタッフ『何でですか?』
騒音おばさん『今、24万8800円か。そろそろ自首するか。』
引っ越しおばさんで有名である騒音おばさん。自首しようとしているようだ。
騒音おばさん『自首用電話がすぐ近くにあるから。』


ロビーに設置してある自首用電話から申告すればその時点での賞金を獲得しリタイアできる。


騒音おばさんから自首用電話までの距離は70m。
騒音おばさん『よし!自首でもするか。』


しかし、騒音おばさんの近くにハンター。


騒音おばさん『自首でもしようかな!』
ハンター(ピーーーーーー SOUON LOCK ON)
(ポン)
騒音おばさん確保 残り13人 残り時間68分02秒
騒音おばさん『うそやろ!おい!』
油断してしまったようだ。


(びりり)
トラハムちゃん「確保情報。騒音おばさん確保。残り13人。減るの早すぎる。」

牢獄トーク Edit

騒音おばさん『うわああああああああ!いきなり捕まったよ。』
あいさつ坊や『おかえりー!おばさん』
騒音おばさん『うるせえ!おばさんって言うな』
ウゴマル『あいさつ坊や、君はすぐにつかまったでしょ。僕もマフラーちゃんと一緒にミッションをやってたらハンターに見つかって捕まった。』
松岡修造『俺はすぐに捕まったんだぞ!』
マリオ『僕はミッションやろうとしたらハンターに捕まった。』
騒音おばさん『私の場合は自首しようと思ったのにー!つかまって牢獄に来たわ』

このあと、悪夢が Edit

トラハムちゃん『あ!ひめっち!ここで何してるんですか?』
ひめっち『ちょ、ちょっとーー!考え事があるので近づかないでください!』
トラハムちゃん『待って!ひめっち!』
ももっち『あれ?ひめっちがどこかへ行っちゃったなの。』
トラハムちゃん『さっき逃げていきましたよ。』


ドナルド・マクドナルド『あ、この小さい物体。どこかで見かけたことある。』
それは…一体。


この後逃走者にミッションが与えられる。


東フウ『ふふふ・・・面白いですね。』
Torinos LZA『ミッション1の壁を乗り越えたか。次のミッションはもうちょっと壁を高くする。』
その中、Torinos LZAはミッションを発動。
エリア内にゴキブリホイホイときしょいポイポイが転送された。


次のエピソードへ