Top > ジャンル別 > バラエティ > L02 > 2 > 5

戦闘中初のミッション!
HTML ConvertTime 0.091 sec.

ブルル
マクワ「電話」
メールだ
ゆめ「3か所に忍契約解除レバーを設置した。おお」
クロム「残り35分までにどれか1つのレバーを下せば全ての忍びの契約が解除される。」
ニャッチ「忍を持っていない者にとっては戦力差をなくすチャンスだ…お。」

MISSION 忍の契約を解除せよ! Edit

残り35分までに3か所に設置された忍契約解除レバーを1つでも下せばすべてのプレイヤーの忍が停止となる。

エリア Edit

たまごちゃん「やるか!」
だい子「頼む!誰もおろさないでくれー!」
クロム「忍をやっつけた恨みを晴らしてやる…どこだ。」
ゼロ「あんなの買わなければよかった…所持金もあんまりないのに。」
剛「やめてくれ!絶対に!」
ドナルド「誰も行かないでくれ!頼む!僕の相棒が消えちゃうよ。」
現在忍を持っているのはドナルド、ロックマンゼロ、草彅剛、だい子の4人。彼らは3か所に設置されているすべての忍契約解除レバーを残り35分まで守らなければならない。


マクワ「よし、あの恨みを晴らしてレバーに行くか!」
マクワがいち早くレバーを解除しに動く。
たまごちゃん「行きたいけど、解除レバーのところに忍軍団がいそうで怖いな。忍を持っていない人が集まって集中攻撃すれば何とかなるけど。」
忍びを持っていないムスカ、トラハムちゃん、ニャッチ、クロム、バンダナワドルディ、宮若イヴ、たまごちゃん、日向ゆめ、マクワの9人は戦闘準備に入る。このチャンスを生かせるか。


マクワ「ニャッチ、忍は?」
ニャッチ「持っていないにゃ。君は?」
マクワ「ないぞ。一緒にレバー解除に行かないか。」
ニャッチ「行くにゃ!」


一方バトルボールがないロックマンゼロは、レバーへ急ぐ。
ゼロ「ボールがなければ終わりだ…とにかく。」


ドナルドもレバーを発見。レバーの前に立ちはだかる。
ドナルド「これを守れば忍も大丈夫だからね。」


解除レバーを探す剛は。
剛「どこだ?あった!これを下げられないように守るから!」
剛は忍と一緒にうなづきながらこう言った。


これで2か所に守りがついた。どれか1つでも下されればすべての忍との契約が解除されてしまう。
一方、マクワとニャッチがたまごちゃんと合流。
マクワ「おう!たまご!」
たまごちゃん「マクワー!忍持ってない!?わたし持ってないよ!何もしないから!」
ニャッチ「あちらに忍が1体!忍がいないチームで行こう!」
マクワ「忍倒しに行くか?」
ニャッチ「うん!行くにゃ!」
忍がいないチームで忍への撃破へと向かう。


クロム「あ!これはボール?」
ゼロが投げたボールを見つけたクロム。すぐさま掃除道具入れにボールを隠す。


一方バンダナワドルディはレバーを守っているドナルドを狙う。
ドナルド「来ないでくれ…」
そのころ、だい子とドナルドが合流。
だい子「お!ピエロ!」
ドナルド「ピエロじゃないよ、ドナルドです。忍持っている?」
だい子「持っているよ!味方なので攻撃しないでよ?」
ドナルド「もちろんさ。」
ワドルディ「2体目来たな…やってやるか。」
ワドルディは警戒しながらドナルド、だい子の忍を狙う。
ドナルド「守りましょう!」
だい子「倒されないように一生に協力しろよ?言っておくけどアタシ本気だからな。向かっているバンダナには容赦しないからな。」


その頃、ロックマンゼロが3つ目のレバーに到着しこれですべてのレバーに守りがついた。一つでもレバー下ろされれば4人とも忍を失う。


一方、忍を持っていない6人が集結した。
たまごちゃん「あ!ゆめ!クロム!イヴ!」
マクワ「おう!3人来たか!」
クロム「とにかく急ぎましょう!」
ゆめ「忍を守らないとね。」
イヴ「私はバトルランチャー持ってるからね。」
クロム「ここにいるみんなは何もしないか?」
たまごちゃん「当り前よ。」
マクワ「今は何もしない。」
イヴ「全員で行きますか!」
6人は利害が一致しお互い攻撃しないと約束。


そのころ守りが揃い準備を整えている2人、ドナルド、だい子は。
だい子「よし!電話します!」
剛「まさかって…もしもし?」
だい子「あ、もしもし、だい子だ。」
剛「剛ですが、お疲れです。」
だい子「忍は?」
剛「持っているけど。」
だい子「今レバーを守っているが剛は守っていますか?」
剛「そりゃあそうでしょう。」
だい子「あ、そうか。ありがとうな!守りよろしく!信じろよ。」(ピッ)
剛「頼む!違うメールは来ないでほしい。勝手に切りやがったが。」


その頃バンダナワドルディが6人の元に到着。
ワドルディ「よう!」
マクワ「おう!ワドルディ!忍は?」
ワドルディ「持ってない!」
マクワ「連合軍組まないか?」
ワドルディ「いいね。忍2体見つけたけど。」
ゆめ「どんなの?」
ワドルディ「ビッグボール1体だから覚悟しなければ。」
ゆめ「ふむむ…」
情報を共有するプレイヤーたち。
ゆめ「だい子は本気だから覚悟しなければね…でもロックマンゼロはボールがないし忍しかいない!」
ニャッチ「よし、ゼロを狙うにゃ!忍をやっつければ勝てるにゃ!」
クロム「そういえば、ゼロのボールを奪って隠してやったしな。」
連合軍はゼロが守るレバーに狙いを定めた。しかしそこには忍。


マクワ「それではボールを重ねて、打倒!忍軍ミッションクリアしてやるぜ!」
6人「おー!」
6人は雄たけびをあげながらミッションへ向かう。


そのころ、ムスカは。
ムスカ「あそこで何やってんだ…1人じゃ無理だ。電話するか。」
連合軍に誘われなかったようだ。


そのころ、マクワたちとトラハムちゃんが合流。
トラハムちゃん「あ!マクワ!」
マクワ「おまえもか。忍は?」
トラハムちゃん「ないよ!」
ニャッチ「じゃあ、みんなといっしょにやりますか!」
トラハムちゃん「うん!ありがとう!」


そのころレバーの地形を調べるゼロ。
ゼロ「どのみち通っても俺が守るレバーにつくのは難しいけどな。」
ゼロはいつ来るかわからない襲撃に備える。


ドナルドとともに西通りのレバーを守るだい子。
だい子「かかるものならかかってみろや?ああ゛?」
2つのレバーは見える位置にあるためお互い援護可能だがしかし北通りのレバーは孤立しているためゼロは一人で守らなければならない。
だい子「これじゃ!北通りが!ドナルド!よろしく!」
ドナルド「だい子がんばれよ!」
だい子「わかってるわ!」
だい子は北通りのレバーが危ないため西通りのレバーから北通りへ向かいゼロの援護へ向かう。
だい子「ゼロが危ない!」


そのころ、ムスカは。
マクワ「あ!ムスカ!」
ムスカ「もしもし、何の用だ?マクワいるか?」
マクワ「いるけど?忍は?」
ムスカ「私はない。でもマクワは」
マクワ「ねーよ!一緒に行くか?持ってない連合軍でやっつけましょう!」
ムスカ「賛成だ。いいだろう。」
マクワ「じゃあ、また会ったらな」(ピッ)
ムスカと合流し戦力が増す連合軍。


ドナルド「誰も動かないの?なんでだい?」
剛「誰も来ないかな…大丈夫かな。」
エリアに漂う嵐の静けさ。


ゼロ「ん?き、来たって!」
ついに現れた連合軍。
マクワ「こっちはクロムがいるから大丈夫ってさ。俺も強いけどな。」
軍勢が9人に対しこっちは丸腰のゼロと忍のみ!
マクワ「ニャッチとトラハムはこっちに行って!こっちは俺とムスカ、クロム、ワドルディで行くし!」
ニャッチ「挟み撃ちで行きましょうか?」
たまごちゃん「女子チームは左!こっちは右っていうことで」
連合軍は正面にいるゼロで引き寄せその隙にニャッチとトラハムちゃんがレバーを下す作戦を立てた。
人数が多く圧倒的有利な連合軍をゼロと忍が迎え撃ついざ決戦!


ゼロ「俺はボールを持っているふりするしかないか。」
ゼロの援護に急ぐだい子。間に合うか。
ニャッチとトラハムと作戦通り配置につき陣形が整った。
ゼロ「忍、頑張ってくれ!」
忍(MASTER ZERO ENEMY MUSUKA KUROM WADDLE MIYAWAKA TAMAGO HINATA MAKUWA)
マクワ「せーので行くか。」
忍が急にバンダナワドルディにボールを当てる。(ゴン
バンダナワドルディ「うわっ!」


マクワ「やばっ!ワドルディがやられちゃった!でもモタモタしていたら危ない!それよりトラハム!ニャッチ!レバー下せ!」
マクワがそういうとニャッチとトラハムちゃんがレバーへ立ち向かう。その隙に逃げるゼロにニャッチが丸腰のゼロにボールを当てる。
ゼロ「どわっ!」(ゴン
トラハムちゃん「なんとかしなきゃ!」(グイッ!
トラハムちゃんは力を入れながらレバーをシュッと急ぐように下した。

契約解除



トラハムちゃん「よっしゃーーー!」
イヴ「イェーーイ!」
トラハムちゃん「忍解除ーーー!!」
ワドルディが忍のボールの餌食になったものその隙に2人が突破し丸腰のゼロを撃破!
狙い通りの連合軍、一人犠牲出したもの達成を制した。
バンダナワドルディ ロックマンゼロ 撃破 残り11人 残り時間40分34秒


ブーブーというアラームの音が鳴る。
ドナルド「ん?何の音?」
だい子「な、なんだ?」
剛「何?」
契約解除
剛「う、ウソだ!?」
ドナルド「え?うそでしょ!?」
だい子「あーーー!あたしの忍がーーー!ニャッチにより全ての忍の契約が解除された!トラハムちゃんめぇ…あとでぶっ殺してやる…。覚えてろよ。」
これですべての忍との契約が解除され停止状態となった。


マクワ「やりましたな!」
ニャッチ「やったにゃーーー!」
トラハムちゃん「うれしいわーーー!」
クロム「本当にうれしすぎる!忍停止だとは!これで恨みが張らせたぞ!」
連合軍お互いに手を合わせながら喜ぶ。


トラハムちゃん「やりましたね!でもワドルディは失ったけど…」
クロム「一人犠牲にしたけどなんとか無事に達成できてよかったです。」
ゆめ「わざと一人犠牲にして忍を引き付けてその隙を突いたということね。」
マクワ「でもワドルディ、ごめん!それよりミッションクリアしたので反忍連合軍解散するか!」
マクワ「これからはまた敵同士!正々堂々と戦うんだぞ!よし解散だ!」
8人「解散!!」


このバトルでゼロを撃破したニャッチが所持金を増やした。
ミッションの結果3人*1は忍びを失い誰も忍を持っていない状況となった。残るのは11人。


ドナルド「忍、ありがとう。」

敗者の部屋 Edit

たっか「残り11人。嫁がんばれ!」
ゼロ「なんか少なくなってきたな。」
ツギー「逃走中とは違った楽しいドッジボールだね。ツギーも小学校のときドッジ大会あったんだよ。」
けーた「僕はママにやられたんだ。」
Sherry「あ、そう。まあみんな頑張ってくれ。」

エリア Edit

ゆめ「よし腕輪買いに行くかって10万円しかないわ…だれかやっつけないと」
ムスカ「忍いなくなっていい勝負ができそうだ。ってこの忍には契約の腕輪をつけられるのかな?」
スタッフ「はい、そうです。どうしますか?」
ムスカ「金に余裕あるし買うか!」
武器屋で腕輪を買ってビッグバトルボール忍を契約させようとしたムスカ大佐。
その様子を見たのは日向ゆめ。こっそり近づく
ムスカ「ふぇっ!?あんた夢?」
ゆめ「あ!ムスカだ…!夢だよ!やっつけてもらうわ!」
ムスカ「はっはっはっ、命乞いをしろ!」
ゆめ「やるか!」
ムスカ「はっ!」
先制攻撃するも、盾でムスカのボールを防ぐ。その隙を射抜こうとするがムスカは瞬発力でよけ拾ったボールで…
ムスカ「ひざまずけ!」
ゆめ「いやっ!」(ゴン
ムスカが反撃し、日向を見事に沈めた!
日向ゆめ 撃破 残り10人 残り時間33分54秒
ゆめ「そんなぁ~!」
ムスカ「ハッハッハ、見ろ!日向がゴミのようだ!」


ブルル…
だい子「撃破情報。ムスカが日向ゆめ撃破。残り10人。ムスカ2人も撃破してるんだが!」

敗者の部屋 Edit

ゆめ「やられちゃった…」
タケオ「おやおや、ムスカっちにやられたんだね。」
KBC「ムスカどんだけやばいんだよ…」
けーた「僕はママにやられたんだけど」
ツギー「何回も聞いてるって…それ。」

エリア Edit

だい子「ムスカか…ま、トラハムはすぐにやっつけてやるからな!」
たまごちゃん「ムスカ怖すぎないか?それよりおでんくんとの婚約パーティのためにエスケープしちゃおうかな?でもおでんくんに笑われるしね…。」
クロム「ふっ…女はまだ結構いるな。」
ムスカ「あ、あれか!」
その頃、武器屋に着いたムスカは契約の腕輪を30万円で購入!

所持金
70万円
所持金
40万円

※賞金総額370万円→340万円


そして、腕輪をビッグバトルボール忍にはめる。
ビッグバトルボール忍(…MASTER MUSUKA)
ムスカ「はっはっはっはっ!」
ムスカ ビッグバトルボール忍獲得
笑いながらビッグバトルボール忍を仲間にしたムスカ。


ニャッチ「L球ほしいよな。盾売ろうかな。」
イヴ「忍がまた出たか。」
マクワ「またかい…俺は金足りないから何も買えないよ。」
剛「忍失ったし、10万円しかないし。キツい。」

敗者の部屋 Edit

KBC「ドナルド、ムスカ、トラハム残って残念よ!」
たっか「だい子のやつトラハムぶっ殺したいとか言ってたしな。」
けーた「ママ殺してもいいの?」
ゼロ「そんなこと言わないでくれ、参加者に支障が出る!」

エリア Edit

ドナルド「誰?」
彼が見つけたのは…
イヴ「あ!ピエロ!」
敵を探していた宮若イヴ。こっそり近づきながら目を合わせる
ドナルド「イヴ倒すか。」
イヴ「そうはさせるか!えいっ」
ドナルド「ドナルドマジック!自然に体が動いちゃうんだ☆はっ」
イヴ「うわっ」(ゴンッ
イヴの先制攻撃をかわしつつドナルドはその反撃を見逃さない隙をついて背を射抜く。
宮若イヴ 撃破 残り9人 残り時間30分17秒
ドナルド「ランランルー!ドナルドはうれしくなるとついにやっちゃうんだ☆」
イヴ「最悪…」


プルル
だい子「ドナルドが宮若イヴを撃破!残り9人!?カオスやべぇよ!」
クロム「6割がカオス組になったよ…。」
たまごちゃん「やばいわ…私もそろそろ本気出そうかな」
トラハムちゃん「爆弾たまごちゃんは怖いな…でもミッションには一緒に行ってくれたけど」
マクワ「あ、あれは…」
ムスカ「ひざまずけ!マクワ!」
マクワ「ム、ムスカー!」
ムスカと鉢合わせしたマクワ。忍はビッグバトルボールを構えている。
忍(…ENEMY MAKUWA)
マクワ「くそっ…こうなったら」
覚悟を決めたマクワはボールを投げつける振りをし、忍を惑わすが…ビッグバトルボール忍がビッグバトルボールをマクワの腰に命中!
マクワ「ぐはっ!」(ゴン
躊躇するマクワをビッグバトルボール忍が余裕で腰に命中させた!
マクワ 撃破 残り8人 残り時間28分56秒
マクワ「くっそ…母ちゃんごめんよ!」
ムスカ「はっはっは、見ろ!マクワがゴミのようだ。私に勝つなど1億年早い。」


ブルル…
ニャッチ「今度は誰?」
トラハムちゃん「ムスカがマクワを撃破。残り8人。ムスカやばくないか?」
剛「かなり減ったか…」
だい子「さて誰にしようかな?誰かやっつけてやるか。」
だい子を見つけたのは…
ドナルド「やってやル~☆」
相手を探すドナルドだ。
だい子「カオス組!私に勝てると思ってるのか!?」
ドナルド「アラー!でも僕のほうが強いんだぜ?」
だい子「恨みを晴らしてやる!」
ドナルド「ハッ!」
だい子「どけや!ゴルァ!」(ゴン
ドナルド「アラー!」
汗塗れで、ボールを滑らせ思うように飛ばずだい子が投げた魔球に撃沈。
ドナルド 撃破 残り7人 残り時間27分21秒
だい子「はっはっはー!どうだ!参ったか!」
ドナルド「あいつにはかなわないな…」


ブルル…
トラハムちゃん「撃破情報。だい子がドナルドを撃破。残り7人。だい子…やばい…。」


先ほどドナルドを撃破しただい子は武器屋に到着。
だい子「ワ~オ!」
店主*2「なんかいった?」
だい子「何でもないです!Lの召喚玉ください!」
店主「100万円ね。」

所持金
110万円
所持金
10万円

※賞金総額:340万円→240万円


購入するとお助けキャラを呼ぶことができる。誰が現れるかはわからない。なお忍と違い一度やられると復活できない。
だい子「いいの来いよ!」
クリノッペ「ただいまクリノッペ参上!」
だい子「クリノッペ!?誰だよ!」
クリノッペ「モンプラと同じくグリーからやってきたクリノッペさ。よろしく!」
だい子「目ないやん!でもいいや!」
だい子 クリノッペ 獲得


トラハムちゃん「だい子が…新たな仲間を。あ?これは忍。でも金がないから無理…。」
それは元はドナルドの忍だったがイベントにより停止された忍だ。彼女は金がないからあとにした。
クロム「だ、誰?」
その声に気付いたのは先ほどクリノッペを仲間にしただい子だ。
だい子「クリノッペ、敵は?」
クリノッペ「います!」
クロム「怖い…どうするんだ。」
常に警戒が絶えない戦闘中は最後の一人になるまで終わらない。するとだい子はクロムに気づく。
だい子「あ!クロムだな!クリノッペの攻撃も味わってもらうか!」
クロム「そうはさせるか!」
ボールを投げるものクリノッペとだい子は余裕でかわす!
クロム「あれ?」
クリノッペ「今です!」
クロム「どわっ!」(ゴン
攻撃に出るものクリノッペが投げたボールがクロムの背中に命中!
クロム 撃破 残り6人 残り時間24分34秒
クロム「そんなわけあるか…」
だい子「クリノッペ!流石!」
クリノッペ「イェーイ!」


プルル
剛「誰だ?」
ムスカ「だい子のパートナーのクリノッペがクロムを撃破!残り6人!だい子やばいって…チートやろ。」
ニャッチ「だい子、2連は恐ろしいにゃ。」
たまごちゃん「煙玉買っておくか。」
そのころ武器屋についたのは、たまごちゃんだ。
たまごちゃん「10万円ね!」

所持金
30万円
所持金
20万円

※賞金総額:240万円→230万円


たまごちゃん 煙玉獲得
たまごちゃん「よし!投げて相手を惑わせるわよ!」


次のエピソードへ


*1 ドナルド、だい子、草彅剛
*2 演:ちびくりちゃん